すべてのコレクション

春日大社境内の杉

春日大社境内の杉

春日大社境内の杉から生まれた燭台 木の生命は、二つあると言われることがあります。 一つは、土の上に立ち、年輪を重ねて成長する樹木としての生命。 もう一つは、樹木が伐採され、人間の暮らしを支える道具や素材へと生まれ変わり、木材としての生命です。 この木材の生命は、樹木として年輪を重ねた年月と同じほど、道具や素材としての木材の寿命があるといわれています。 「NEW TRADITIONAL」プロジェクトから生まれた「春日大社境内の杉」は、枯損木や風倒木となった木に、新たな生命を吹き込み、人の暮らしに寄り添うものを提案したいと考えました。 「燭台は使いますか?」 商品化を考えるにあたり、日本の道具とうつわを取り扱うお店「空櫁」の五井あすかさんを訪ねた際に尋ねられました。普段の暮らしの中に灯をともす時間を持つための道具は、神域で育った春日大社境内の杉の魅力を感じてもらう商品としてぴったりです。こうして燭台づくりが始まりました。 木材から同軸上にものを切り出すには、旋盤(ロクロ、ターニング)という技術が役立ちます。 五井さんからご紹介いただいたのは Nakajima woodturning studioの中島信太郎さん。ウッドターニング専門の教室や機械販売に加え、作家としての創作活動をし、ウッドターニング・旋盤加工の面白さと専門知識・技術の普及に尽力されています。 加工は、どの木材を使うか決める「木取り」から始まります。木目や反り、腐食具合などを見極めて、燭台に適したものを選ぶことが最初の作業です。...