1. スライド 1
  2. スライド 2
  3. スライド 3

障害のある人の表現とものづくり

About us

春日大社境内の杉から生まれた燭台

木の生命は、二つあると言われることがあります。

一つは、土の上に立ち、年輪を重ねて成長する樹木としての生命。

もう一つは、樹木が伐採され、人間の暮らしを支える道具や素材へと生まれ変わり、木材としての生命です。

この木材の生命は、樹木として年輪を重ねた年月と同じほど、道具や素材としての木材の寿命があるといわれています。

「NEW TRADITIONAL」プロジェクトから生まれた「春日大社境内の杉」は、

枯損木や風倒木となった木に、新たな生命を吹き込み、

人の暮らしに寄り添うものを提案したいと考えました。

product

「燭台は使いますか?」

商品化を考えるにあたり、日本の道具とうつわを取り扱うお店「空櫁」の五井あすかさんを訪ねた際に尋ねられました。普段の暮らしの中に灯をともす時間を持つための道具は、神域で育った春日大社境内の杉の魅力を感じてもらう商品としてぴったりです。こうして燭台づくりが始まりました。

木材から同軸上にものを切り出すには、旋盤(ロクロ、ターニング)という技術が役立ちます。五井さんからご紹介いただいたのは Nakajima woodturning studioの中島信太郎さん。ウッドターニング専門の教室や機械販売に加え、作家としての創作活動をし、ウッドターニング・旋盤加工の面白さと専門知識・技術の普及に尽力されています。

加工は、どの木材を使うか決める「木取り」から始まります。木目や反り、腐食具合などを見極めて、燭台に適したものを選ぶことが最初の作業です。

Nakajima woodturning studio

Good Job!メンバーによる手作業の表面仕上げ

染め作業を行ったGJ!メンバーのコメント

「黒く染め上がった燭台は昔からあったかのような風合いを感じた。染め作業は意外と簡単に燭台が染め上げることができて驚いた。」

奈良県産のみつろうろうそく

灯りになるろうそくは、ミツバチの巣から採れる「みつろう(蜜蝋)」を使います。炎の揺らめきに特徴のある「和ろうそく」の製法でつくった灯芯を入れています。

みつろうは、奈良県内で養蜂を営む農家のものを100%混じり気なく使用します。ほのかに甘い香りと深い黄色のろうそくになります。梅雨明けの時期にしか収穫することができない、希少なものです。

一方の灯芯からは、奈良の地場産業との関わりを知ることに。和ろうそくの灯芯には、和紙、い草(藺草)、真綿あるいは綿が用いられます。奈良盆地の真ん中ほどに位置する安堵町は、かつて灯芯づくりが盛んで、村のいたる田んぼで稲作の裏作としてい草を栽培していたそうです。どの農家でも家内作業として灯芯を巻いていたそうですが、今では一軒の農家もありません。灯芯保存協会として普及活動などが続いています。


竹串に和紙を巻き、上皮を剥がしたい草を螺旋状に巻いていきます。い草が解けないように綿を巻き付け、灯芯は完成します。ろうが固まったあとに竹串を抜いた部分が空洞になることにより、火をともしたときに空気の通り道となり、炎の大きさが大きく、小さく、変化します。海辺に打ち寄せるさざ波のように、飽きることない炎が現れます。

燭台には、こちらのろうそくが1本付属します。

真鍮のかすがい

削り出して、染めや表面仕上げを行う過程の中で、いくつかの燭台には割れが生じました。この割れは、木材が呼吸している証で、その程度は木材によって千差万別。末長くお使いいただくために、両端が針になった金具「かすがい」が打ち込まれています。このかすがいも、割れに合わせ、その台ごとに作って打ち込んでいます。

商品

企画・販売:Good Job!センター香芝

クリエイティブディレクション:五井あすか(空櫁)

設計・加工:Nakajima woodturning studio

木材認証管理:あたつく組合 

春日大社への参拝風景 写真:衣笠名津美

燭台のイメージ写真 写真:上山敦司

燭台の商品写真 写真:伊藤誠一(Good Job!センター香芝)